どのような作用機序なのか | ペットのノミダニ予防は忘れずに!フロントラインで楽々ノミダニ予防

どのような作用機序なのか

薬が散らばっている様子

配合されているフィプロニルの効果によって、ペットの身体にあまり影響を与えることなく、確実にノミやマダニを予防することができるようになっているフロントライン。
フロントラインは外用薬タイプのノミダニ駆除薬の中でもかなり頼りになるといえるものですが、その効果はどのようにして発揮されているのか気になる人もいると思います。
フロントラインが発揮する効果だけでなく、効果があらわれるまでの仕組み、つまり作用機序についても知っておけば、より安心してフロントラインを使うことができますよね。

フロントラインはペットの身体に垂らすと、まずは素早く皮膚の上に有効成分であるフィプロニルが広がっていくように作られています。
皮膚の上や被毛に寄生しているノミやマダニがフィプロニルに触れると駆除効果を発揮するようになっているため、まずはここで皮膚の上にいるノミやマダニを駆除してくれます。
また、フィプロニルは皮膚の上に広がるだけでなく、皮膚や被毛をカバーしている皮脂と混ざり、一度皮脂と一緒に皮脂腺の中に蓄えられます。
一度皮脂腺に蓄えられたフィプロニルは皮脂と一緒に全身へ少しずつ送り出されていくため、すぐに効果が切れたりすることがなく、長い期間ノミやマダニに対して駆除効果を発揮してくれるのです。
薬剤がペットの体内にほとんど入らないようになっているため、安全性も高く、安心して使用できるノミダニ駆除薬になっているのです。
安全に使えるノミダニ駆除薬でペットのノミやマダニを予防したいのなら、ぜひフロントラインを使いましょう!